CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
夏の思い出(その1)
ninnjinn
昨年の春に蒔いたニンジンが、冬を越して花を
咲かせたのでした。野菜界では、5本の指に入る
可憐な白い花。
 
| 裏の畑で | 11:15 | comments(2) | - |
シデコブシ
shidekobushi
岐阜・愛知・三重県の限られた地域でだけ自生して
きたというシデコブシ。↑の木は、もちろん苗を手に
入れて植えたもの。盗掘ではありません。
シデは四手。しめ飾りから下がる白い紙が四手と
いうのだそうで、ヒラヒラの紙と細長い花びらが似て
いるなぁと、昔の人は思ったのでしょうか。

我が家のシデコブシは、いつになく沢山花をつけて
満開。山のキタコブシも、ヤマザクラも追いかける
ようにして咲きはじめました。
まだ鳴きはじめのウグイスの声と、上空からは
ビュンビュンと滑空音を響かせるオオジシギ。
今年もまた、そんな季節が巡ってきました。

 
| 裏の畑で | 12:12 | comments(2) | - |
胡桃がたわわに実ったら
kurumi
重そうな胡桃の実が枝に下がっています。

ezorisu
エゾリスがやって来ては、せっせとカリカリ・・・真剣。

ezorisu2
ときには、手がすべって落としたりもするけどね。
| 裏の畑で | 15:08 | comments(2) | - |
コールラビ
ko-rurabi
友達が「うまい、うまい」云うので、初めて蒔いてみた。
白が一般的らしいけど、紫の品種を試してみたら
こんなに美しく育ったのでした。やー、きれい。
まぁ、切ったら中は白いけど。

コール(キャベツ)ラビ(カブ)と名づけられたのも
よくわかる。カブの姿をしたキャベツの芯みたい。
スライスしてサラダにしてみたら、ウチの親方曰く
「リンゴ食ってるみたい」うん、確かにそうね。
シャリシャリ・・シャリシャリ・・。

茹でたら色は落ちたけど、犬は喜んで食べたので
なんだ、もっと蒔けばよかったなぁ。
| 裏の畑で | 10:28 | comments(8) | - |
おおきくなったら
tenntoumushi
いまは、こんなんですけども、おおきくなったら
まんまるの、テントウムシですよ。
アブラムシが好物ないいこ、いいこ。
| 裏の畑で | 14:32 | comments(4) | - |
| 1/8PAGES | >>